アレックス・ルイ・アームストロング少佐(wip3)

UV展開して肌の各テクスチャマップを制作しています。

Twitterにこの画像を流したらおっぱいに釣られたのか大量にRTされた

ディフーズマップ
スペキュラマップ
ノーマルマップ
バンプマップ
ディスプレイスメントマップ
AOマップ


マップの種類はだいたいこれくらいでしょうか?他にもあるかもしれませんが使い方・作り方が分かったものだけ制作しました。とりあえずこれだけあれば充分でしょう。

MultiResolutionモディファイアでスカルプトしたハイポリを利用してBlenderでノールマップを作ろうとしたのですが、隙間が出来てしまい綺麗にノーマルマップがベイクされませんでした。そこでインストールしてずっと放置していたxNormalを使用してみたのですが、高い評判の通りかなり綺麗に出力されました。一部隙間が出来て手直しする必要がありましたが便利なツールです。
ついでにAOマップも出力したのですが、こちらはすごく綺麗に出力することが出来ました。ちなみにスペキュラマップはPhotoshopで、ディスプレイスメントマップはNormalMap-Onlineというウェブサイトで生成しました。

NormalMap-Online
http://cpetry.github.io/NormalMap-Online/

テカテカに脂ぎった肉体。質感はまだ調整中

はじめはBlenderのベイク機能で色々出力したかったのですが、何か設定がまずいのか綺麗にベイクされなかったりベイクそのものが出来なかったり少しばかり苦労をしました。この辺りは私自身もっと勉強した方が良さそうです。
xNormalはやはりマップ生成に特化したソフトのようですのでBlenderに比べればxNormalの方に比較優位があるのかなと個人的には感じます。テクスチャマップの作成方法はいくつも方法があるので、ある方法が上手くいかなくても違う方法が試せるのは助かります。

現在は制作途中なのでディフーズのマテリアルを使用していますが最終的にはSSSを使用する予定なので肌の質感はもっと良くなるはずだと思います。



(完)




本エントリー執筆時点の制作環境

Blender2.74
Cycles
左クリック選択
視点操作のみMaya仕様
英語版
Windows7
GeforceGTX660Ti



JunSkywa1kerWebsite(作品置き場)
http://junskywa1ker.wix.com/junskywa1ker

Twitter
https://twitter.com/JunSkywa1ker

niconico
http://3d.nicovideo.jp/users/13904997

0 件のコメント :

コメントを投稿