[リギング]ややこしい服装をしているキャラはMeshDeformを使ってリギングする

私はリギングやウェイト調整に苦手意識を持っていました。その原因がややこしい服装をしているキャラのリギングがやり辛いからです。ところが(今更になって!)MeshDeformという機能の使い方を知ったのでメモしておきます。



通常、キャラクターのジオメトリに対して直接ボーンをバインドします。しかしこれではベルトを身体に巻き付けていたり、複雑な装飾をジャラジャラと装備しているような面倒くさいデザインをしたキャラへのウェイト調整がとても複雑になってしまいます。やむを得ずややこしい部分は省略したりしていました。ところがMeshDeformの機能を使えば、デフォーム用の簡易なメッシュを介して比較的簡単にバインド、ウェイト調整をすることが可能となります。

まだ完全に理解はしておらず不完全なリギングですが一応メモしておきます。

元ネタの動画はこちら


-----

①このキャラは服の上からベルトを両肩にかけている。これだと通常のリギングが難しい。ちなみに肩のベルトを含んだ服の部分と手足部分は別オブジェクトにしている


②次に「MeshDefrom用のメッシュ」を作る。ここでは「Deformer」と名付けた。注意点はオレンジの服の部分を覆うようにすること、干渉している部分があると失敗するので気をつける。あとは閉じたメッシュにすること。多分、閉じたメッシュでないとダメだったはず。そしてオブジェクトタブ内にある▼Display→Maximum Draw Type~でWireを選ぶとワイヤーフレームだけが表示されて編集しやすくなる


③「服のメッシュ」にMeshDeformモディファイアを付与する。そしてObject:は「 Deformer 」を選ぶ。Precision:の数字は4。そしてBindを押す


④この時点で 「MeshDefrom用のメッシュ」を動かすと 「服のメッシュ」が付いてくるようになる。肩のベルトも付いてくる


⑤そして「MeshDefrom用のメッシュ」をボーンにバインドする(Automatic Weight)


⑥ボーンを動かすとスムーズに 「服のメッシュ」が動く。ただウェイトは完璧ではないので 「MeshDefrom用のメッシュ」でウェイト調整する。ちなみに手足部分は通常のリギングを行っている

0 件のコメント :

コメントを投稿