[よもやま話]Blenderでアニメーションを作っているYoutuber、アニメーター



Blenderを使用してアニメーションを作っているアニメーターについて。
日本ではあまり知られていないであろうYoutuber系の人達です。

-----

https://youtu.be/0F57AeRkaow

Dillongooさん。

彼はYouTubeで作品を発表し活動しているアニメーターです。題材は主にゲームで、ゲームキャラクターを色々動かしてすごいアクションシーン、ファイトアニメーションを作っています。例えばマインクラフト、ポケモン、ゼルダの伝説、最近だとオーバーウォッチと猫を組み合わせたようなキャラクターを使ってアニメーションを作っています。ちなみにその猫のデザイン(KatsuCats)は彼女がデザインしたものらしいです。

彼はかつて、3DCGアニメ「RWBY」を制作しているRoosterTeethで働いていた経験があります。第3シーズンの制作に参加していたようで、「RWBY」に出てくる軍人のおじさんや無骨な日本人系のキャラのモーションを担当していたと語っていました。MontyOumの元で働いていたからああいう凄いアニメーションが作れるんですね。納得。

Montyの影響があるのか、BlenderだけではなくPoserも使用してモーションを作っているようです。以前はMMDも使用していたらしいのですがBlenderの方がよりプロフェッショナルなソフトウェアだ、という理由で現在はBlenderをメインにアニメーションを作成しています。
表に出ているのはDillongooさん1人だけのようですが、どうやら仲間の協力も得て映像制作している時もあるようです。裏でエフェクトの類を制作している人がいるっぽいんですよねぇ。

-----


https://youtu.be/onUX_GKo1Eo

次はBlackPlasmaStudio。

Arbiter617さんが中心となってアニメーションを作っているスタジオです。題材はマインクラフトで数多くのマインクラフトアニメーションを制作しています。BlenderのCyclesを使用した映像的にクオリティの高い、美しいマインクラフトアニメーションが特徴です。お笑いから感動ものまであり、制作しているメインのアニメーターによって多少作風が変わりますが、映画的な映像の作り方は一貫しています。

このスタジオは成り立ちが面白いんです。昔は仲間たちと一緒にHaloのマシニマ(※1)を作っていたようなんですが、それがドンドン人気になり、題材がマインクラフトにシフトして更に多くの視聴者を集めることになり、そしてこのBlackPlasmaStudioをちゃんとしたスタジオに昇華させていったという経緯があるのです。
(※1 ゲームプレイ中の動画を使用して映像作品を作ること。machine + cinema=マシニマ)

ちょっと下衆の勘繰りになりますが、僕の見立てと彼ら本人の語りから、Youtubeからの収入だけではなくPatreonからの支援やウェブサイトからの物販収入があり、現在ではフルタイムでBlackPlasmaStudioとしての仕事をしているらしいです。僕の英語力不足や聞き間違いで、もしかしたら間違いがあるかもしれませんがそういった10年の歴史があるようなのです。

この成り立ちって実は前述のRoosterTeethと似ているんですよ。ここもHaloのパロディマシニマ「Red vs Blue」の制作から始まって現在のように「RWBY」を世に出す人気スタジオになっていったんです。BPSのアニメーションの中にもRoosterTeethのロゴやRWBYの画像がカメオ的に入っていたりしてリスペクトしている様子が伺えます。

0 件のコメント :

コメントを投稿